伊勢 二俣校

川口進学教室 伊勢 二俣校です

二俣校

<ごあいさつ>

 こんにちは。川口進学教室二俣校です。
二俣校では小学生から高校生の生徒が在籍しています。塾にくるとみんな笑顔で挨拶をしてくれます。なかでも、成績があがって「先生、こんなに もあがったよー!」と満面の笑顔で塾に来てくれることが何 より嬉しい瞬間です。
 成績アップの秘訣は国語力です。問題や説明を理解し、論理的に考えるためには国語力がどうしても必要にな ります。そのために、川口進学教室では「国語力アップ」を掲げています。国語力をつけることで、他の教科の 成績もあがります。ぜひ、お子様の成績アップのお手伝いをさせて下さい!

<講師紹介>

二俣教室 相口 奈美( あいぐち なみ )
「これを勉強して将来、何の役に立つの?」と、生徒によく質問されます。勉強している内容も大切ですが、目標に向かって努力するという姿勢が何よりも大切 なのだと思います。
生徒の「学ぶ姿勢」を生徒の個性と向き合いながら指導したいと思っています。


<開講時間>

★小学部    火・木・金   16:30~19:00の間でコース設定をします。
★中学部    火・木・金   19:00~21:30、19:30~22:00
★高校部   個別指導 火 映像授業  火・木・金   19:00~22:00

※中学部、高校部の通常授業は通常時間2h+速聴0.5hとなります。スタートの時間は面談の際に決めさせて頂きます。

☆塾のスタートはまず読書から!

 国語力をつけるには読書が大切です。

「読書は嫌い...。」とい うお子様も「ことばの学校」なら自分から進んで本を読むよう になります。読書をする事で、漢字や語彙だけでなく、お子様 の感性や想像力も磨かれます。操作も簡単なので、パソコンに 不慣れな小さなお子様でも一人で読むことが出来ます。
 
本の種類も豊富で、様々なジャンルを読むことが出来ます。

 小学1年生のお子様でも、最初は短くてひらがなばかりの本を 読んでいたのが、長くて漢字も多い本でも自分から選んで読むよ うになってきます。
また、お母様と一緒に読むことも可能です。



●ことばの学校を始めてから、お子様に起こっ た変化をお母様に聞きました!


・ことばの学校で耳速聴を始めてから、話している中でも難しい言葉が出てくるようになりました。「ど こで知 ったの?」と聞くと「本の中にでてきたよ!」と言っていたので、語彙力がつくんだなあ、と感心しました。

・耳で聞きながら本を読むので、漢字の読み問題に強くなりました。今まで読めなかった難しい漢字もスラスラ と読むようになってきています。これからも楽しみです。

・息子は野球をやっています。動体視力を鍛えるために、と思って始めましたが集中力もついて、親 子共々嬉し く思っています。

<小学部の紹介>

☆まずは宿題の直しをチェック!

 はじめに宿題を確認します。理解度を確認するとともに、間違っていた場合は一緒に直しをして、ひとりひとり がしっかり理解できるようにします。必要に応じて、何度も反復練習を繰り返して定着させます。

☆同じ教室にお友だち、兄弟がいても集中!

 教室内には子ども達がたくさんいますが、全員集中して取り組んでいます。遊ぶときはめいっぱい遊び、勉強す るときは勉強する、といった習慣が身につきます。





☆分からないところは何度でも復習!

 真剣に授業に取り組んでいるところです。ひとりひとりにあ わせて、分かるまで徹底的に復習をかけるので、苦手な単元も克服できます。
学校に準拠したワークを使いますが、中には発展教材を使って勉強している子もいます。
また、漢検・英検対策も無料でしております。検定試験合格を目標にすることで、意欲的にどんどんレベルをアップしています。

☆小学生でも英語を習えます!

 川口では、小学6年生になったら、遅くても12月には英語を始めます。
これは、中学校で初めて英語を習う 時にスタートダッシュが出来るように準備をするからです。リスニングもCDを使ってネイティブの発音で練習します。

☆音読を授業に取り入れています!

北原白秋の「五十音」でお口の体操をしたあと、竹取物語など名文を先生と一緒に音読していきます。
文章を実際に声に出して読むことで読解力は上がり、国語の成績アップにつながります。


☆宿題について

 最後に、毎回宿題を出します。宿題の量、質はお子様ひとりひとりに合わせて出しています。家庭学習の習慣 を身につけてもらうために、徹底しています。

 ※小学部は基本的に算数、国語を勉強してもらいますが、小学6年生の春から英語や数学の予習を始めているお 子様もみえます。教科、コースについてはご相談下さい。

<中学部の紹介>

授業形態は集団個別授業になります。集団といっても少人数制なので、一人ひとりをしっかり指導します。

☆一人ひとりに合わせた指導をします。

  川口では基本的に学校の予習授業を行っています。

まずはe-teacherで導入部分を見てもらいます。その後に学校の教科書に準拠したワークに取り組みます。しかし、入塾時に学力診断テストを受けてもらい、その 結果から授業内容を決めさせて頂きます。その為、学校の勉強を先取りして予習をする生徒もいれば、学校と同じ進度、または基礎から復習をしている生徒な ど、様々です。

分からないところはひとりひとりにわかるまで説明するの で、「ここが分からないけど、まあいいか...」と、そのまま残 しておくことはありません。

また、毎回の授業後には必ず宿題をだします。

☆テスト2週間前はテスト対策開始!

 テスト前には必ずテスト対策(無料)を行います。学校のワークを徹底的に復習し、対策プリントで反復学習 をします。

テスト直前の土日にはテスト対策授業として、塾を開講します。各中学校に合わせてテスト対策を行っています。  *テスト対策について各中学で開講時間が異なる場合があります。)

☆徹底的に苦手を克服!

理解度は人それぞれ違います。一対一で指導するので、お子様の苦 手なところもお子様にあった方法でひとつひとつ克服します。
また、反復学習の出来る教材を使って学力を定着させます。



☆受験対策

 中3になると、通常授業に加えて5教科対応の入試演習コースを受講します。

各教科を1年生の範囲から総復習し、入試に備えます。基本を再度確認し、さらに実力をつけていけるので毎年大好評です。

その結果、昨年は県立後期入試で全員が志望校を見事合格しました。「先生、この前やった問題がそのまま出ていたよ!」と言う嬉しい報告も もらいました。
 
また、9月からは土曜対策講座を毎週土曜日に行っています。さらに、川口オリジナルで入試問題の解説DVDを作成しています。

私立では皇學館高校、三重高校、高田高校、鈴鹿高校の数学、英語、理科を作っており、県立は前期、後期の数学と英語を作っています。何度でも納得できるま で視聴でき、生徒から「分かりやすい!」と嬉しい声をもらって います。
 
中学1・2年生は基本的には英語・数学を習ってもらいます(他の教科も受講可能)。3年生になると5教科 対応の入試演習コースが始まります。

<高校部の紹介>

高校に入ると、中学の頃とは違い、内容も難しくなるうえに学習量も増えます。学校の課題だけでなく、毎日 の予習や復習も当然必要です。部活動も中学の頃よりもたいへんになってくる中で一番大切なのは、自分の時間 をどう使って勉強していくかです。

時間を有効に活用し、かつ能率よくやっていけるように指導をしています。

また、二俣教室は宇治山田高校に非常に近いため、学校帰りやクラブ帰りに寄って勉強をしていく生徒もいます。

 授業形態は集団個別授業になります。集団個別とは、1つの教室に複数名の生徒が入り、一人ひとりに合った 勉強をしています。また、定期テスト前や、受験対策として市進予備校を受講してもらっています。

☆個別授業、映像授業が選択可能!
 
二俣教室では、個別授業または映像授業を受けることが出来ます。
個別授業については教室長にお尋ねください。映像授業は、教室が開いている時ならばいつ でも授業が受けられます。

特に、映像授業は定期テスト前に何回も復習をして見ることが出来るため、大人気です。

☆ベーシックウィング

  ベーシックウィング(BW)は、いつ見ても、何度見ても定額料金で受けることの出来る映像授業です。

重要項目をひとつひとつわかりやすく丁寧に解説しているので、日々の学校の授業の予習・復習や、テスト前のチェックなどに使えます。

クラブに入っていて塾に来る時間が遅くなる生徒も、ベーシックウィングなら一講座が20分程度なので、部活が終わってから取り組んでいます。